秋を代表する魚、さんま-マルイ井上水産-

メニュー 井上水産トップページ うに かに ます さんま ショッピング 会社案内 特定商取引法に基づく表示 メニュー
秋を代表する魚「さんま」
サンマは「秋刀魚」という名前から、体が刀状で秋を代表する魚として知られています。
春に千島列島付近の海域で過ごしたサンマは、夏の初めごろに北海道の道東や三陸沖にやってきて産卵のための栄養を蓄えます。
そして、太平洋岸を南下していく回遊魚です。
また、サンマは落語、詩歌、映画など庶民の文化の題材になるほど、その季節性やおいしさが定着している魚です。
秋刀魚 一般に食用とされるようになったのは江戸時代からで、日本人が一年間に食べるサンマの量は年間でおよそ10万トンと言われています。
脂のたっぷりのった秋のサンマには、ビタミンA、B2、Eがおおく含まれ、栄養価の高い魚といえます。
また、サンマの脂肪には、脳の働きを良くするといわれるDHA、血液の流れを良くするといわれるEPAが多く含まれています。

ご購入ページへ
井上水産トップページうにかにますさんまショッピングご注文について会社案内特定商取引法